経営の最大のリスクをご存じですか?

経営の最大のリスクをご存じですか?

「何もしないこと」が最大のリスクです

「経営が順調な歯科院長」へ戻る

経営には様々なタイミングが訪れ、経営者にはその都度、適切な判断が求められますが、そのタイミングを逸するたびに経営のリスクは徐々に高まります。

経営の最大のリスクは「何もしないこと」です

経営難になってからではなく、日頃から経営リスクを管理して、次の一手を模索し、実践していくことが健康経営を可能にするのです。


私がディー・ピー・エスに相談したきっかけ

これまでディー・ピー・エスにコンサルティングをご依頼頂いた歯科医院長の、問合せるまでのきっかけや経緯を例として掲載します。

Case1

「10年先を見た経営」と「スタッフを活用した経営」に興味がわいて

<50代前半・順調な経営状態の院長>

歯科ディーラーさんが主催する歯科医院経営セミナーを受講したのがきっかけです。

よくある「患者を増やす」とか「自費率をあげる」等の話かと思いましたが、全く違いました。当時、経営状態に問題は感じていませんでしたが、講師(ディー・ピー・エスさん)の語る「10年先を見た経営」と「スタッフを活用した経営」に興味がわいて、その場で経営相談を申し込みしました。

Case2

サイトに「キャッシュフロー」の文字があり、これだ!と思い

<30代後半・患者さんが多く、ユニットを増設した院長>

開業してから患者数は増え続けて収入も増えたのですが、何故か経営が行き詰まりインターネットで歯科医院のコンサルティング会社を検索していました。

どこのサイトも患者増やスタッフ教育のコンサルティングばかりでしたが、ディー・ピー・エスのサイトには「キャッシュフロー」の文字があり、これだ!と思いサイトを通じて申し込みしました。

Case3

法人成りのデメリットも知りたくて

<40代前半・節税目的の法人化を検討していた院長>

税理士さんから法人化の提案を受けていた頃に、ディー・ピー・エスさんの著書に出会いました。

そこには法人成りのメリットだけではなく、デメリットについても書いてありました。また臨床や設備、人材への投資の必要性を訴えている内容に共感でき、日頃、税理士さんのアドバイスに疑問を感じていたこともあったので、法人化についての相談を電話で申し込みしました。

Case4

業者さんとの打合せで、内装工事の予算がどんどん膨らんで不安になり

<40代後半・収入が頭打ちで、リニューアルを検討していた院長>

開業15年目を迎え、ユニットの入れ替えや内装工事の計画をしていました。

ところが業者さんと打合せを重ねるたびに予算がどんどん膨らんでしまい、不安になってきたので設備投資のシミュレーションをしてくれるコンサルティング会社を探していたところ、知人にディー・ピー・エスさんを紹介してもらい相談の申し込みをしました。

  • 料金表を見る
  • 経営コンサルティングを問合せる
コンサルティングご相談・お問合せ

コンサルティングのご質問・ご相談はもちろんのこと、開業や経営、弊社に関すること、セミナー講師に関することなど、どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

03-3392-7211
活動内容(DPS友の会/セミナー)

DPSでは「DPS友の会」やセミナーで、歯科医院経営者の育成を趣旨とした活動を展開しております。

無料メールマガジン

無料メールマガジン「DPSの健康経営情報&健康人性の羅針盤」
登録/解除です

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください



携帯からは下のQRコードを読み取るか、アドレスを打ちこんで空メールを送るだけです

このページのトップへ